資産が長期的に雪だるま式に増えるスワップ運用

FX投資では、通貨を売り買いして、その通貨の為替レートの変動によって差益を得ることで利益を取る方法のほか、スワップポイントによって利益をあげる方法があります。

金利の異なる2種類の通貨を売買するときに、2通貨間に生じる金利差の調整分がスワップポイントです。金利の低い通貨を買って、金利の高い通貨を買った場合には、その金利差額分のスワップポイントを受け取ることができ、反対に金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買う場合には、その金利差額分のスワップポイントを支払うということになります。

もちろん、投資家の目は金利の高い通貨に注がれることはいうまでもありません。スワップポイントは取引の成立から1日以上経過すると発生し、利息を毎日得ることができます。もちろん、金利が高くなれば、スワップポイントもそれに比例して大きくなります。FXではレバレッジを効かせることができるので、スワップポイントによる収益は少なくありません。

ただ、極端な大きさのレバレッジを効かせると、為替変動によるダメージもその分大きくなります。そのため、長期的なスタンスで投資していくのがよいでしょう。スワップポイントの大きな通貨としては、南アフリカ共和国のランドやオーストラリアドル、ニュージーランドドルなどが存在しています。長期的に物事を考える人に向いているといえます。