注文方法が勝利への鍵を握る

FXには様々な注文の方法があり、その注文の仕方によって成績に大きく影響が出ることもあります。相場の予測については当たっているのにうまく儲けることができない人が結構いますが、注文の出し方や運用のルールに原因があることも多いようです。

最も基本的な注文の仕方は成行で、そのときにマーケットにある価格での売買を指示する注文方法です。あらかじめ価格を指定する指値も基本的な注文になります。

逆指値注文は、ストップ・ロスに役立つ注文の仕方です。ストップ・ロスの価格までの値幅を一定以上広げないようにしながら、発注時以降の高値/安値に合わせてリアルタイムで逆指値の価格を自動的に修正するトレーリング・ストップは、リスク管理の観点からは重要な発注方法になります。

簡単に述べると、買い持ちがあるときに「発注時以降の高値からX円以上下がったら売る」という条件で出す逆指値注文です。高値更新につれてストップの価格は引き上げられていきます。

逆に、売り持ちがあるときに「発注時以降の安値からX円上がったら買う」という注文をすれば、安値更新につれてストップの価格は引き下げられていきます。実際には使わないにせよ、リスク管理のためには理解しておかねばならない考え方です。